製品ダウンロード一覧

PDFlib製品は全て、ダウンロードして試用する事が出来ます。

ライセンスキーをご購入頂くとデモスタンプは解除されます。

ダウンロードはPDFlib日本公式サイトのダウンロードページで可能になっておりますので、購入前にぜひ試用してみてください。

現在の最新バージョンはPDFlib9.1.0 (2016/12リリース)となっています。
PDFlib 9ファミリ購入をご検討されている方は、下記URLより製品をダウンロードしてお試しください。
日本語の文字を出力する場合は、日本語リソースキットもダウンロードしお使い下さい。

本バージョンのPPSに対応するBlockPlugin は5.10になりました。Acrobat 8以降、X, XI, DCにおいても動作いたします。

PDFlib 日本語リソースキットは、日本語処理に必要な CMap、ICCプロファイル、マニュアル類を含んでいます。

PDFlib 9ファミリはダウンロード後、評価版として試用する事ができます。評価版では、生成した PDFファイルの各ページに 「www.pdflib.com」というロゴが表示されますが、全機能を検証していただくことが可能です。
ライセンスキーを設定することでこの制限は無くなり、正規版としてご使用いただけます。

メンテナンスリリースのライセンスについて

ライセンスキーの申請方法は、保守のご契約の有無によって以下のようになっています。

保守契約をお持ちのお客様

PDFlib, PDFlib+PDI, PPS 9ファミリの保守契約付きのライセンスをお持ちのお客様は、無償で最新版への更新が可能です。パッケージリリースから1年以内に発行されたライセンスキーはそのままお使いになれます。1年以上たっている場合には、保守契約更新をしている場合には新しいキーをお受け取りになれます。ご不明の場合は、お使いのライセンスキー情報を含め、お問い合わせください。

保守契約をお持ちでないお客様

PDFlib9ファミリ以降では、保守をご契約のお客様のみに無料でのライセンスをご提供することに変更となりました。

保守をご契約になっていないお客様は、製品定価の20% の価格でメンテナンスアップデートライセンスの購入が可能です。ご購入に関しましては、法人営業部までお問い合わせください。

なお、このアップデートライセンスご購入と同時に保守契約に新規加入することはできません。新規加入できるのは、上位製品へのアップグレードの場合と、旧製品からのアップデートのみとなります。

メンテナンスリリースのライセンスキーご請求・ご購入
PDFlib法人営業部

TETおよびTET IFilterのパッケージは別々になっていますので、ご注意ください。

TETのプログラム本体には下記のものが同梱されています。

  • TETのコマンドラインプログラム
  • 各言語用の TETライブラリ
  • ドキュメント(英語版)
  • サポートされている全ての言語用のサンプル
  • いくつかのデータファイル

PDFlib TET 製品はダウンロード後、評価版として試用する事ができます。「10ページ・1MB までの PDF ファイルのみ扱える」という制限事項において、全機能を検証していただくことが可能です。
ライセンスキーを設定することでこの制限は無くなり、正規版としてご使用いただけます。

PLOPのバイナリファイルには PLOPとPLOP DSの両方の機能が含まれており、設定するライセンスキーにより製品(使用できる機能)が決まります。

  • PLOPは、PDF文書の修繕、リニアライズ、最適化および暗号化/復号化が出来ます。
  • PLOP DSは、PLOPの機能に加え、PDF文書にデジタル署名を付与する事が出来ます(無印の PLOPでは、デジタル署名を付与することは出来ません)。

ダウンロード出来る項目

PDFlib PLOP製品はダウンロード後、評価版として試用する事ができます。評価版は下記の制限のもとで、全機能を検証していただくことが可能です。

  • 出力するPDFファイルの先頭に評価版の旨のPDFページが追加される
  • パスワードとして設定できる文字列はplopおよびPLOPのみに限定

ライセンスキーを設定することでこれらの制限は無くなり、正規版としてご使用いただけます。

pCOSのプログラム本体には下記のものが同梱されています。

  • pCOSのコマンドラインプログラム
  • 各言語用の pCOSライブラリ
  • ドキュメント(英語版)
  • サポートされている全ての言語用のサンプル
  • いくつかのデータファイル

ダウンロード出来る項目

PDFlib pCOS製品はダウンロード後、評価版として試用する事ができます。「10ページ・1MB までの PDFファイルのみ扱える」という制限事項において、全機能を検証していただくことが可能です。
ライセンスキーを設定することでこの制限は無くなり、正規版としてご使用いただけます。

PDFlib FontReporterは、開発者向けツールです。PDFファイルの中に含まれるフォントを解析する Adobe Acrobat(7からX用)のプラグインの形で提供されています。これは、無償で使うことができます。 英語/ドイツ語インターフェースのみとなっていますが、日本語を含むPDFファイルを解析することができます。なお、Acrobat Readerにインストールすることはできません。

ダウンロード出来る項目

PDFlib 8シリーズの「新規」販売は2013年3月31日をもって新規販売を終了いたしました。