ユースケース - 製品の活用例

PDFlibはあらゆる種類のアプリケーションに容易に組み込みめ、高品質で信頼のできるPDFファイルの出力を可能にします。 数多くの有名デベロッパーが画像処理プログラム、地理情報誌システム(GIS)、DTPアプリケーションにPDFlibを使用しています。そして、多くの分野で製品価値を高めるツールとして信頼されています。

動的な請求書の生成は最も人気の高いPDFlibの使用例の1つです。生成されたPDF形式の請求書をWebブラウザで表示することができ、個別にダウンロード、またはユーザーに電子メールで送信をすることができます。 また、PDFページ上にトランザクション・データ(顧客の詳細情報、商品リスト、料金など)を配置することができます。さらに画像の様々なフォーマットで、会社のロゴなどの画像を追加できます。この一例として、PDFlib+ PDIを使用し社用便箋など既存のPDF素材を背景として組み込み使用などが挙げられます。

PDFlibは+ PDIは、1つまたは複数の既存のPDFファイルを取り込み、テキストや画像を追加して新しいファイルを作成します。プログラマは、テキストファイルまたはデータベースからテキストや画像を取得するためのコードを追加します。印刷のために全ての文書を含んだ一つのPDFファイル、また顧客へ送信する電子メールのためのパーソナライズされたPDFの生成が可能です。 形式の異なる電子メールの作成や、ページデザインの頻繁な変更を必要とし、より柔軟性を必要とする場合は、PDFlibパーソナライゼーションサーバ(PPS)を使用することができます。これにより可変データ処理を行うときに、デザイナーとプログラマーの仕事を容易にします。

PDFlibは、一般的なオフィス·アプリケーションに接続することができます。Visual Basicスクリプト言語でMS Officeや他のアプリケーションにPDF機能を追加することができます。また、MS-Accessデータベースからの請求書を作成し、印刷や、顧客への電子メールとして出力することができます。 PDFlib+ PDIを使い、PDFに社用書類を組み込んで利用できます。 PDFlibパーソナライゼーションサーバ(PPS)を展開することにより、PDF処理をさらに効率的に行う事ができます。

商業印刷用のPDF文書を作成、組み立て、あるいはパーソナライズするシステムを構築するためにPDFlibは使用されています。多くの場合、これらのシステムはWebブラウザを介して利用可能です。 PDFlib製品ファミリには、ICCプロファイルによるカラーマネジメント、CMYKカラー、PANTONEとHKSテーブルを内蔵したスポットカラー、およびPDF / X互換の出力など、グラフィックアート業界のためのさまざまな機能をサポートしています。

PDFlibは、重要な業務環境において実績を持っています。数百万通の料金明細書作成のどの実行段階でも、パフォーマンスや信頼性の問題が発生することはありません。 PDFlibは、ミッドレンジおよびメインフレーム·システムを含む、あらゆる種類のプラットフォームの上で動作します。

まず、PDFlibは+ PDIで既存のPDFをインポートします。次に、透明なスタンプやページ番号、バーコード、会社のロゴ、またはその他のコンテンツを追加します。さらに、リンク、フォーム、ブックマークなどの、インタラクティブな要素を追加すつこともできますので、 これらの機能を利用して、既存のPDFが抱える問題を解決することができます。